オリジナル(poetry展)

  • 2016.09.25 Sunday
  • 02:06

poetry展 vol.5

『歩く』

 


往復書簡最後の絵です。
『歩く』の詩から展示最後の絵を描きました。
ダズルギャラリーにて。

 

 歩く

 

木漏れ日がすきというあなたの
瞳のなかに木々の葉がそよぐ

 

黄色い花、薄紫の花、なまえを
知らない花に光は滑り落ちる

 

真っ直ぐという潔さをあなたに
向けてみようかとおもい歩く

         

       詩:平岡淳子

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.11.21 Wednesday
  • 02:06
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM